123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-11-30 (Mon)
結構前回の記事について
「良かった♪」
という声を頂いたので、図に乗って(笑)早速続編を♪


☆「一緒に○○しよう!」

ケーキとかドーナツとか買ってきて、
「はいどうぞ」
と差し出しても、黙って食べ始められたらキーッ!となるのは私だけではないはず( ̄m ̄)

だから私はいつも

「ケーキ買ってきたよ♪一緒に食べようと思って!」

とか

「ドーナツ買ってきたから待ってたよ!一緒に食べようと思って!」

なんて感じで
「一緒に食べたいから買ってきた」
を強調しています( ̄m ̄)

本当は自分が食べたくて買ってきたついでに継子にも買ってきただけなんだけど!(爆)

でも以前の私は自分の分だけ買ってきて
継子達が学校に行ってる間にこっそり食べたり、
「あの子達いるから買うの我慢しよう」
なんて思って買わなかったり(爆)!
いじわると言えばいじわるだけど、(うん、いじわるだっ)
今まで1人分で良かった(旦那様は甘いものが嫌いなので)のに
いきなり3人分を買うようになる、って、
すごい出費に感じちゃってたんです(^-^;
だから3人分買う、ってちょっと勇気?がいたものです。
そんな勇気や葛藤を知らずにぱくぱく食べられると
「もう買ってこないわっ」
なんて思って、買ってきたことを後悔したり。
普通の母親なら当たり前のことでも、
継母にはなかなか出来ないことって多々あるんです。

「わぁうれしい!お母さんアリガトウ!」

とでもいつも言ってくれたらホイホイ買ってくるかもしれませんが、
子供なのでそんな気の利いた台詞はなかなか言いません。
(あんまり言われたら嘘くさくて逆にイヤになるかも!?)

だから「当たり前」な顔してぱくぱく食べられることが多い。
子供だからそんなもの、と思っても、やっぱりなんだか気に入らない。

でもこうやってちょっと言葉を加え始めたら、継子だって悪い気しない。
「ありがとう」
くらい言って、嬉しそうに食べてくれる。
「待っていたのよ♪」「一緒に食べたくて♪」なんて言われたら、
一緒に食べながら会話も弾んだりする( ̄m ̄)
そんな私の言葉を単純に信じて嬉しそうに食べてくれる継子を見れば、
それはそれで可愛く思えてくるから不思議( ̄m ̄)
・・・って思っちゃう私が一番単純なのかも?!

でもそれでいいんだと思っています♪

継子が可愛い と思える自分に出会うことが大事だから♪




☆「お父さんには内緒だよ」

本当は全然内緒ではなくて、後でちゃっかり報告しちゃうんだけど、
お父さんに内緒。2人の秘密♪みたいなのって
継子との距離を縮めてくれる気がします。

たとえば上で話したケーキを買ってきた時とかでも使えます♪

「凌太と駿平の分は買ってきたけど、お父さんの分はないから。
お父さんには内緒ね♪」

なんて感じで♪

旦那様にはこんな感じでプチ悪者?になってもらったことは多々!

でも絶対継子と継母の距離を縮める為には
実親に悪者になってもらったり、
のけ者にさせてもらうって必要だと思います!

うちの旦那様は継子達には結構厳しくしてくれるので
普段からいい感じで悪者になってくれています( ̄m ̄)
感謝しなくちゃね♪




☆お笑い番組を観て一緒に大笑いする

楽しそうに笑っている人を見て、嫌な気がする人は少ないと思います。
うちの旦那様はお笑い番組を観ていて、
面白いと思えばお腹を抱えて、転がりながらよく笑います。
目はカラスの足跡みたいな目になって(笑)

笑っている人を見ていると、なんだかそれだけで楽しい。

だから私、結構継子達とお笑い番組を観ます。

そして、とにかく単純に大笑いしています♪

私の両親はそういうお笑い番組は「くだらない」と言って観なかったので
私ももともとは好きではなかったのですが・・・。

共通の話題がなくても、同じ番組を観て一緒に大笑いしていると
なんだか一体感が生まれるので不思議!!

お互い顔を見合わせて笑ったりしてね( ̄m ̄)

継子と喧嘩した時なんかもお笑い番組にはいつも助けられています♪

お笑い番組に限らず、一緒にテレビ番組を観る、っていいことだと思います。
もし旦那様と2人きりの生活だったら、
旦那様は残業で遅いし、多分私は1人寂しくこの番組を観ていたんだろうな~、と
思うと、(言葉は悪いけど)同居人として居てくれるのはとてもありがたい♪

継子と暮らすメリットの1つは、寂しさを感じないことかな、と私は思っています♪

ホント、継子と暮らすこと=すべてがマイナス ではないから♪

何でもいいから、「この子達がいて良かったかもー」というのを
探してみるのもいいですよね♪


↓皆さんの1クリックが励みになります♪↓

にほんブログ村 家族ブログ 再婚・ステップファミリーへ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

~応援よろしくお願いします♪~




スポンサーサイト
| 継子を愛するために♪ | COM(2) | TB(0) |
2009-11-29 (Sun)
考えたら私はいつもここで

「私は何の努力もしていない」

とか

「継子達が良い子なおかげ」

とか言い続けてきたけれど、


「いつもブログ読ませて頂いて元気もらってます」


とか

「色々参考にさせて頂いています」

とかメッセージを頂けることがあるということは
多分継母業に苦しんで、どうしたらうまくいくか、
色々悩んでいる方もいるんじゃないかな、ということに気づいて。

もしかしたら私のこんな話を聞きたいんじゃなくて、
私自身がどう頑張って、どうやって継子達との関係を築いたか、を
知りたい人って多いんじゃないかな?とふと思いました。


よくステップファミリーの家庭がなかなかうまくいかないと、

「努力が足りない」

とか継母だけを非難する人がいるけれど、
誰だって一緒に暮らすんだからうまくやりたいし、
出来れば愛情を持って継子と過ごしたい。
いじわるなんて言いたくないし、継子のこと好きになりたいし好かれたい。

うまくいかないことに悩んでいるのは継子だけじゃないぞ!

と私は思います!

いつだって悪者は大人=継母 になっちゃうのは
本当に悔しい。

でもだからって気持ち切り替えていきなり継子を溺愛する なんて無理無理~!!

だって感情を持った人間だもん。

やれる人がいたらり会ってみたいものだ!!


そんなわけで、私が継子達に愛情を持つために
私自身が意識的にやってみたことで効果的だったと思うことを
これから色々と書きつづってみたいと思います♪




☆玄関まで見送る

駿平は一緒に登校するので凌太に関してだけですが。
毎朝愛する夫を送り出すように(笑)、玄関まで見送りに行っていました。
今は私と駿平の方が早く出るのでやっていませんが( ̄m ̄)

面倒くさいけど、「とっとと行ってくれ~」だったけど(笑)、
とりあえず笑顔で玄関先まで見送るようにしていました♪

ある時、行かないでいたら

「えー、玄関まで来てよぅ」

と催促されたこともあったな( ̄m ̄)

母親に温かく見送られる

そんなことも、普通の家庭の子なら当たり前かもしれないけど、
ある日突然実ママがいなくなってしまった凌太にとっては
今まで経験したことのないことだったのだと思います。

実の親子ならそこまでしなくても繋がっていられる。
でも血のつながりのない私達親子。
なるべく形だけでも愛情を!と思ってやっていましたねー。
そうでもしないと心なんてどんどん離れてしまうと思って。


☆歯の浮くような言葉をかける。


見送る時「気を付けてね」というのは当たり前。
でも私は、
「帰りは暗くなるから心配だよ。気を付けてね」
などと、ちょっと歯の浮くような言葉をかけるようにしていました( ̄m ̄)

それは相手(凌太)にとっても悪い気のしない言葉だと思うし、
言っている私自身も、本当にすごく心配しているような錯覚(笑)に陥れたので
良かったかなーと思っています( ̄m ̄)

本当は別に心配でも何でもなかったんです、最初の頃は(爆)。
だって継子だもん。
愛情なんて最初は持っていなかったから。

でも言葉で繋ごうと思って。
凌太の気持ちだけでなく、自分自身の気持ちを。

不思議なもので、愛情たっぷり?な言葉を発することで、
なんだか本当にそういう気持ちでいるような、そんな錯覚に陥りました(* ̄m ̄)

気持ちがないのに心配する なんてなかなかできない。
でも言葉として発することで、自分自身の良い意識づけになりました♪

今は言葉に出さなくても、帰りが遅かったら
「事故にでもあってやしないか」
などと本気で心配するし、
寒いのに薄着で出ていった時は
「ちゃんと上着着させればよかったなー。
寒いだろうな。かわいそうに」
と思えるようになりましたが。

多分最初の頃、こうやって言葉に発していたことが
自分への良い暗示になったのかな~、なんて思っています。

結構効果的だと思うので是非やってみて下さいね♪


また思いついたら色々書き出してみまーす!


↓皆さんの1クリックが励みになります♪↓

にほんブログ村 家族ブログ 再婚・ステップファミリーへ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

~応援よろしくお願いします♪~
| 継子を愛するために♪ | COM(2) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。