-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-12-10 (Wed)
今日も水曜日振休が定着している旦那様とお出かけ♪
「蕎麦が食べたい」
と言うので蕎麦にしたけどはっきり言ってこの店はイマイチ~!

soba

ちなみに来週の水曜日はタイヤ交換に行く予定~。
仙台で生活する分にはノーマルタイヤでも越冬出来そうだけど
年末に旦那様の故郷・岩手県北に行くので~((((((((((^-^;

受験生だけど、塾はお休みに入るし、義弟が
「スキーに行くなら連れて行くぞ。
ココで滑っておけば本番は滑らないから」

と言ってくれたので凌太も行く気満々!
私もほんの数日でも凌太と駿平を預かってもらうのは助かるし~。

姑も義弟も凌太より駿平がかわいくて仕方ないらしい。
世間では障害のある方に冷たい祖父母とかいるようだけど
姑も義弟も言葉も喋らない、一日中わめいてばかりいる動物のような状態の
駿平が、自分たちが育てたことでここまで人間らしく成長したので
余計かわいいらしい。

特に義弟はすごいなと思うんだけど、いつでもどこでも駿平を連れ回す。
買い物に行くときも
「駿平行くぞ~」
と声をかけてくれる。駿平も「ウィ~ッッ」と言いながらついていく。
一度
「いいよ。大変でしょう?私見てるから」
と言ったら姑に
「いいのよ。○○(義弟)は駿平が可愛くて可愛くて皆に見せびらかしたいんだから」
と言われて本当にびっくりした!
隠したい のではなくて かわいくて見せびらかしたい って・・・・???

仙台に出張で来たときも我が家に泊まったんだけど
その時も家から歩いて15分くらいのスーパーと
その手前にあるユニ○ロに連れて行ってくれた。
スーパーはおやつを買ってもらえるという目的があるからまだいいとして
ユニ○ロは駿平にとって何の魅力もない店。
すぐに飽きて騒いで絶対大変だったと思う。
でも
「駿平、うるさくて大変だったでしょう?」
と言うと
「そんなことないよ。ユニ○ロの試着室に一緒に入ったら
大きい鏡があるから嬉しくて嬉しくて大はしゃぎでさ。
ホント、駿平はみんなの人気者♪
とか言う。
これにもびっくり!!

私は駿平が「うぃーっ」と騒いで周りがふりかえれば

恥ずかしい イヤだ 勘弁して~

と思ってしまう。

旦那様も絶対そう。
恥ずかしくてコソコソしてしまう。

でも義弟にはそれは

かわいくて皆が振り返る♪ すごい人気者

に思えるらしい。

すごい発想!!
でもそうだよね。私もそんな風に発想を切り替えていけばすごくラクになれる。

旦那様に話したら
「すごい(気持ちが)大きい人なんだろうね。」
と自分の弟のことをとても客観的に感想を述べていた(* ̄m ̄)

駿平は旦那様と実母が離婚して姑と義弟の家に引き取られて5年間育ててもらって
本当に良かったんだろうな、と思う。
そんな風に溺愛されて育つって絶対幸せだったと思うし
そういう愛情が駿平をここまで成長させてくれたんだと思うし。

実母は離婚調停の時
「上の子だけでも引き取ります~」
と言っていたらしい。
上の子だけでも、って・・・・・。
「下の子は私がいないと大変でダメなので下の子だけ引き取ります」
ならまだわかるけど・・・。
その言葉を聞いて
「絶対2人とも渡さない」
と旦那様は決心したらしい。

ちなみに駿平のことはその前から
「施設に入れる」
と騒いでいたらしいし(;^_^A

施設に入っていたら今ごろ駿平はどうなっていたんだろう?と思うとゾッとする。
こんな風に毎日ケタケタ笑う子にはなっていなかっただろうな、と思う。


でもね、やっぱり障害児を育てるって大変。
だから実母さんの気持ちも痛いくらいわかる。


数ヶ月前に実のお母さんが公衆トイレで障害のある我が子を殺してしまったという事件があった。
世間の人は
「自分の子を殺すなんて!」
と当然非難していたけど
バス停のママさん達との話では
「気持ちわかるよねー」
で意見が一致した。
「こういう子がいると親なら誰だって一度はこの子と一緒に死のうと考えるよね」
と。
話は発展して
「もしこの子が誰かに殺されたら哀しいけどホッとすると思う」
とか
「車に轢かれて死んじゃっても『きっと天国で幸せにやってるわね』とかって
早々と気持ち切り返そう」
とかそんな話をしていつも最後は笑って終わるんだけど(爆)

そんな風に発散できる場があるから私やバス停のママさん達は救われていると思う。
でも世の中にはそんな風に発散できる場のない人は沢山いて
だから哀しい事件も起きてしまうんだよね。

いつかそんな人達が気持ちを発散できるような「場」を
私が提案出来たら・・・というのが私のささやかな夢。



↓励みになるのでぽちっとお願いします♪↓

にほんブログ村 家族ブログ 再婚・ステップファミリーへ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ


スポンサーサイト
| 自閉症 | COM(0) | TB(0) |
2008-12-10 (Wed)
ユキマロちゃん事件・・・・
犯人と思われる人物が捕まり、それが高校から養護学校に通っていた、
知的障害を伴う21歳の男性だったのはショックでした(;ヘ;)

同じく養護学校に通う駿平・・・。
バス停のママさん達とも
「辛いよね」
と話しているんだけど・・・・・。

駿平は知的障害が重いので、人に話しかけたり、ましてや殺害して
その隠ぺい工作なんて出来るわけないんだけど。
でもやっぱり他人事ではなくて。
殺されてしまったユキマロちゃんのご遺族の方の気持ちを考えると
本当に辛いし、私としては同じ「障害者の子を持つ親」として
21歳男性のお母さんの思いとか考えるとそれも本当にいたたまれない。

障害を抱えているということは、それだけ社会のお世話になることも多いわけで。
いや、お世話にならないと生きていけなわけで。

「人様のお世話になることはあっても
なるべくご迷惑をかけないように生きていきたい」


というのが我々障害者の親の願いだから・・・・。

だから本当に21歳男性のお母様のことを考えると胸が詰まる。


駿平は会話は多少できるけど、言葉のキャッチボールとまではいかない。
投げたらボールは返ってくるけど、それをまた投げ返すともうボールすら
追わなくなる、といった感じ。
だから普通の子とあまり変わりなく会話が出来るクラスメイトとか見ると
「羨ましい」
と思ってきた。
そんな話を別のお母さんにすると
「でも普通の子とあまり変わらない子って逆に誤解もされやすいから。
将来お金をだまし取られちゃったりとか色々あるみたいだし
はっきり障害者とわかる方がいいわよ」
と慰められたことがある。

・・・・確かに。

だまされてしまうのも哀しいけど、こんな風に犯罪に手を染めちゃうこともあるんだものね。
だからってそっちの方が大変とか、やっぱりこっちの方が手がかかるとか
そういうことではなくて。
ただ、障害は程度や種類によって悩みもそれぞれなんだよなー、と。


うまくまとめられけないけど
でもホント、こんな哀しい事件が二度と起こらないよう祈るばかりです。


↓励みになるのでぽちっとお願いします♪↓
にほんブログ村 家族ブログ 再婚・ステップファミリーへ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

| 自閉症 | COM(5) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。