-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-07-28 (Tue)
昨日凌太を学校まで迎えに行ったので
必然的に自転車は学校。
結局今朝も私が送っていくことに

ちなみに今は夏休みなんだけど、
数学の講習に出ています。
それと部活
講習は午前中なんだけど、よりによって今日の数学は朝イチで
8時40分からなんだってー
ちっ!

ま、でも思っていたより道も空いていたので
今日は高速は使わずに行きました~。
で、帰りにイオンの火曜市に参戦
9時前に着いたので、9時から販売の卵98円をゲット出来たし
ま、いっか


そうそう、昨日の凌太の話。

先日のオープンスクールに中学の後輩女子・Tチャンも来ていたのは聞いていたけど。
部活も見学に来て

「絶対この高校に入る」

と言ってくれているのはまぁうれしい気持ちはあるのよ、私にも。

でもTチャンて男好きで有名
確かにそこそこ可愛い顔しているんだけど、
ちょっと「いいな」と思うとすぐに告白して振られたりしているらしい。
でもめげずにどんどん告白
部活の中でも凌太の一級上の先輩に告白して、
OKもらえて一時つき合っていたらしいけど、そうなるとどうでもいいのか、
結局Tチャンの方から別れを告げたのは有名な話。

凌太もその話は知っていて、先輩が卒業するとき
「気まずいから」
と卒業式の見送りをボイコットしたTチャンを説得して
「三年生を送る会」には参加させたりして。


そんなTチャンのこと、凌太は「T」って呼び捨てにしている。
それも気に入らない。
で、Tチャンも「先輩」と言わずに凌太のことはあだ名で呼び捨て。
それも気に入らない。

それに関しては周りのお母さん達からも
「いくら仲良くてもあれはちょっと。」
という声が結構聞こえてきた。
私に直接言うくらいなので、陰ではもっと色々言われているんだと思う。

で、凌太が高校に入った途端

「私も同じ高校に行く!」

と言われりゃ凌太も悪い気はしないわけで・・・・。

でも何かイヤ。そのノリ。

高校決まってクラブチームに復帰するや、すぐに飛んできて

「どうしたら○○高校に入れる?」

と凌太にアドバイスを求めてきたらしい。

そんなこと言われりゃ凌太も気持ちよくなっちゃうわけで、
私にうれしそうに

「Tに捕まってアドバイスを求められた」

と言うので

「勉強したら入れる、でいいんじゃない?
でも受験は運だから聞かれても困るよね」


とチクッと言ってやった。
オバチャンこわっ!(笑)

だいたいTチャンがどの程度の学力なのかもわからないわけで。
とにかく学力知らないのにアドバイスなんて出来ないよねぇ。


とにかくそうやって男が喜ぶツボを知ってるところも何かイヤ。


聞くところによると、世の中の女は全員敵!って感じで
特にカワイイ女の子には、それが先輩だろうとなんだろうと敵意むき出しだと
いうのも女子のお母さんからの話で聞いている。

イヤだねー、そういう女!

で、話戻るけど凌太の昨日の話・・・・

「Tがさ、やっぱり言い出したよ。○○高校の水泳部の
あの女の先輩達みんな感じ悪い、って」

と凌太が言う。

「ふぅーん、女ってそういうトコするどいからね」

と言うと

「だから入部しても部活には出ないで
クラブチームの練習だけ頑張って、大会だけ出るってさ。
ま、それならそれでオレはいつも部活出てるから
連絡事項とかあいつに教えてやればいいんだけどさー」

とかなんとか言うので思わず

「(高校に)入れたらの話ね」

とバッサリ言ってやった。


あははー、嫌なオバハンだよねー


でもさ、女の先輩達の気持ちもわかるよね。
恋愛感情抜きにして、部活の仲間に違う女が親しげに近寄ってきて、
自分たちの知らない世界見せられちゃって。
敬語も使ってなかったりしたらさ、
絶対Tちゃんのこといい印象は持たないと思うわ。
Tちゃんのことだから、「女は敵よ」ってオーラも全開だっただろうしね。

女はするどいからさ、ホント。


あーぁ、もし本当に入学して入部したら
一波乱ありそうだわっ!

早速男の先輩とかに告白しまくってひんしゅく買いそうだし!


しかしこれってヤキモチかな?

「うちの息子に手出すなっ」

のノリ?!


そんなつもりはないんだけど・・・・


あの子だけはイヤ

なだけ。
・・・だと思う。多分・・・


↓励みになるのでぽちっとお願いします♪↓

にほんブログ村 家族ブログ 再婚・ステップファミリーへ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
スポンサーサイト
| 継母・継子 | COM(2) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。