-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-01-06 (Wed)
以前このブログで、凌太が今も前妻側のおばあちゃんと年賀状のやりとりをしていること、
そして、今年は家を建てて永住するつもりの家に住み始めたので、
下手に住所等知られているとややこしいこともあるだろうから、
旦那様から「もう送るな」と言ってもらう予定、なんて話を書いたと思うんだけど・・・。


でも私なりに色々考えて。

旦那様にも相談?してみました。


「年賀状、今年も凌太はあっちのおばあちゃんに書くのかな?」

いやらしく話題を振ると

「そうだ!『出すな』って言わないと!」

と旦那様。


「・・・って言えるの?」



と聞くと

「言えない





やっぱりね!!!!


考えたら目の前で凌太が年賀状を書き始めたりしない限り、
なかなか切り出すタイミングもないと思う。


それに姑に

「あちらのおばあちゃんに年賀状だけはきちんと出すように」

と私に引き取られる前言われたから出しているわけで・・・。

それを大人の都合で

「やっぱりダメ」

と言い出すのはちょっとどうなのかな、と・・・。


私ならそんなことで怒られたら

「何で?おばあちゃんに出すように言われたのに
何で怒られなきゃならないの?!」


って思う気がする。


大人の都合でコロコロ言うことを変えてもねぇ。

っていうか、何でそんなこと言ったのか、姑の考えもワカラナイ。
さんざん前妻側のおばあちゃんの悪口も私は聞かされただけに。

ちなみにそんな話をこの前姑にしたら

「まだ出しているのかしら?
私も電話して『出すのやめなさい』って言おうかなと思っていたのよ」


だって!

自分が言ったこと、すっかり忘れているのか、それはそれ、と思っているのか?

どのみち、「出せ」と言っておいた張本人からそんなこと言われたら
それこそ凌太が可愛そうなので、そんな電話、してくれなくて良かったデスε=(・o・*)


で、結局、凌太の意志に任せる ということで、
こちらからは凌太にあえて何も言わないということで決まりました。
旦那様にも私の気持ちを伝えて、

「だから何も言わなくていい」


と言ったら、悪役をやらずに済んでホッとしていたようです(^-^;


旦那様も言いにくいだろうし。
それよりも、言われた時の凌太の気持ちを考えたら、やっぱりかわいそう。


それに、もしあちらが凌太に会いたくて、いつか会うことになったとして、
その時

「新しいお母さんはどう?」

と聞かれて、凌太に

「いいお母さんだよ」

と言ってもらえたらいいわけで。

そんな風に言ってもらえるよう、愛情を持ってしっかり育てていけばいいわけで。
要は、後ろめたいことしてなかったら、年に一度の年賀状くらい
どうってことない話なんだと思うし。

凌太だって高校に合格した話とか、
それこそ家を建てて、仙台に永住することになった話とか、
何年も会ってないけど「おばあちゃん」に報告したいのかもしれない。

どんなコメントを書いたのか、いや、今年も出したのかは謎だけど、

16歳の、まだ子供な凌太を、大人の事情で振り回してしまうのはかわいそうだよね。




ちなみにあちらさんからは年賀状届きました(^-^;

でも

「今年もよろしく」

的な、すごく短い文だったかな。

去年までは

「月に一度眼科で仙台に行っています」

とか

「学校はどうですか?いよいよ受験ですね」

とか、熱いコメントが書いてあったけど・・・・。

それから駿平宛にも別に送ってくれていたのに、今年はこなかったっけ。
凌太宛だけ一枚届いたのみ。
ま、駿平の分に関しては、頂くだけ頂いて、こちらからは返事は書いていなかったしね(^-^;

駿平は自分では書けないし、誰から届いたのかも興味のない子だし、
私が代わりに返事を出すのもイヤなので、毎年そのままで。

それでも今までは送ってきてくれていたけど
あちらさんもぼちぼち潮時とでも思ってくれたのかな?!

でも、凌太の16年の人生で、かつて大きく関わった人。
私なんかが「会うな」とか「連絡を取るな」と押しつける権利はないと思うから。

だって、私の両親も姉の子達が可愛くて可愛くて仕方がない。
あんなに溺愛している孫達に、いつか新しいお母さんが出来て、
永遠に会えなくなってしまったら、私の両親がかわいそうだと思う。

きっとそれと同じこと。

年賀状の一枚くらい、それを楽しみにあちらは待っているのかもしれない。
だから、凌太が送りたかったら来年もその先もずっと送ってあげたらいい。

凌太は凌太の人生を、自分の意志で生きて欲しい と思う。

さんざん大人の都合に振り回されて生きてきたんだし、
だから出来る限り、もうこれからは自分の好きなように生きて欲しい。

※夜遅くまで遊んで帰ってくる、とかそういう「好きなように」はダメだけど(* ̄m ̄)

いつか実ママに会いたくなったら会ってもいいと思う。
その時は、自分の足で会いに行けばいいと思う。
誰かにセッティングされて「会え」と言われて会うのではなく、
自分で意志を持って会いに行けばいい。
私に悪いと思ってくれるのならそれは嬉しい。
でも会いたいのに、私に気遣って会えないなら
私のことは気にしないで欲しい。
後悔してほしくないからね。
その時私のことを

「血は繋がってないけど、愛情を持って育ててくれた」

と言ってもらえるよう、これからも私は頑張るから。



↓皆さんの1クリックが励みになります♪↓

にほんブログ村 家族ブログ 再婚・ステップファミリーへ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

~応援よろしくお願いします♪~









スポンサーサイト
| 継母・継子 | COM(2) | TB(0) |
2010-01-06 (Wed)
この年末年始、両方の実家に帰省して、
何も変わっていないと思っていたそれぞれの実家に
少しずつ変化があったことが発覚しました!!

まず、旦那様の実家。


義弟が独り暮らしを始めていました!!!!


12月に入ってかららしい@@;



今まで新幹線通勤で、急な呼び出しがあっても行けないし、
乗車時間は数十分だけど、新幹線なだけに本数は少ないわ終電は早いわで
色々不便だから会社の近くに独り暮らししたいという意見は
耳にタコができるくらい聞いていたけど・・・。


まさか本当に実行するとは!!!



そんなわけで、姑は今、寂しい独り暮らしの老人状態!!



どうりで最近電話が長いと思ったら、そういうことでしたかー(><”)



そんな話を聞くと、やっぱり色々考えてしまうけど・・・。


でも結婚祝いも新築祝いもくれない姑(←かなり根に持っている)を、
単身赴任(予定)で旦那様が不在の我が家で引き取るのも抵抗が・・・・。

ぶっちゃけ、血の繋がらない人達ばかり、何故私が1人で面倒を見るの?
とも思うし~。

継子達はそれなりに成長が楽しみだし、
全然構わないんだけど、姑は全然別。
でもひっくるめて、やっぱり全員私にとっては血のつながりがないわけで。
姑を引き取ったりしたら、そういうツマラナイことをネチネチ考えるようになりそうだし。

姑は同居を臭わせてくるし、多分声をかけたらホイホイ体1つで飛んできそうだ。
最近は結構いい人で、一緒にいても確かに自慢話ばかりで面倒臭いところはあるけど、
まぁ慣れもあってそんなにイヤではなかったりもして。

でも同居となったら永遠の話だし、やっぱり簡単には決められない。

自慢ばかりするところも、今はちょっとした欠点と思っているけど
同居したりしたら、そこばかり目について気が狂いそうになるかもしれない(* ̄m ̄)

っていうか、基本的にやっぱり同居はイヤ



そんなわけで、その話は私から触れないことにして(笑)



次はうちの実家!!!


両親にはおかげさまで特に変化はなかったのですが、
母の母、つまり私の祖母が、老人介護施設に入居していましたーっっ!!

そういう話、母は何もしてくれていなかったので、
当たり前のように、おばあちゃんに会いに、母の実家に行こうとしたら

「もうおばあちゃんは施設に入ってるからいないのよ」

と!!

いやー、びっくりしました!!!

で、私に言わなかったことからして、母は自分の母を施設に入れたことで
弟夫婦を怒っているのか?と思って聞いたら


「ううん。全然!
だって本当に○○さん(弟嫁)はよくみてくれたもの。
あれ以上はかわいそうで。
○○さんに早く楽してもらいたくて、前々から
空きがあったら施設に入れて欲しい、ってこっちからも頼んでおいたのよ」


とのこと。


よかった♪

そういうことでもめてたらイヤだな、と思っていたから。
確かに96歳のおばあちゃん、
もうボケちゃって、おむつも交換してもらっていたし、
家の中も車椅子で移動していたし、
在宅介護は確かに限界だったから。

ただねー、施設に入れるとか言うと、うるさい小姑とかいるでしょ?
母がそれになってたら厄介だなー、と思っていたけど、
そうでなくて本当に良かった♪

介護しなきゃならない嫁は小姑達の顔色とか伺わなきゃならないから大変だよね。

でもうるさく言うキョウダイは誰もいなかったらしくて、
それを聞いて私も安心しました♪


それから私のいる間に、その弟一家と私の母の間で
アメリカ旅行に行く話が持ち上がり・・・

「旅行中おばあちゃんに何かあってもそれは残念、ってことで、
思い切って行っちゃおうっっ♪」


と盛り上がっていました(*≧m≦*)


私も誘って頂いたのだけど、何せヘルニア治療中の身。
長時間のフライトには自信がないし(><”)

旦那様も凌太も

「いい機会だから行って来て!
駿平のことは2人で何とかするからっっ!!」


と言ってくれたのですが、11月にも福岡に行ったりして、
やはり世間の目もあるので、今回は遠慮することに・・・(;ヘ;)


そうそう、介護施設に行っておばあちゃんにも会ってきました♪

でもやはり私のことは記憶からDelete!!!

ちなみにおばあちゃんの子供7人中、上4人までは覚えているけど、
下3人もDelete!!!だそうです(*≧m≦*)

ま、下3人はたまたま遠方に住んでいて、普段会わないし、
私だって同じく遠方にいて、しかも一緒に住んだこともないし、年に二度会えたらいい方なので
忘れられて当然です(* ̄m ̄)
ショックとかは全然ありません♪

ただ母としては、自分のことすらたまにわからなくなってしまう母親だけど、
それでも生きていてくれるだけで嬉しいのでしょうが。


介護問題・・・・

おばあちゃんの姿を見ていて、色々考えさせられました。

私の両親だって、近い将来、どうなることやら・・・と。

それこそ私が引き取って老後の面倒を見たいのですが、
血の繋がらない孫達とお互い遠慮しながらは、やっぱり辛いでしょうし。

難しいですね、色々・・・・。



他にも親戚の話で色々変化があり、なんだか毎日平凡な日々を積み重ねているようで、
やっぱり年月は流れていて、気が付いたら大きな変化とか
色々あるものだなー、としみじみ・・・。


ま、今年もいい年になりますように♪
と願うのみです♪


↓皆さんの1クリックが励みになります♪↓

にほんブログ村 家族ブログ 再婚・ステップファミリーへ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

~応援よろしくお願いします♪~
| 家族 | COM(4) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。