-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-01-25 (Mon)
今日は覆面調査の仕事でした~っ!!

で、帰宅してから、

今日は給料日だっ!!

ってことで、近所のファミマに行って、銀行ATMでお金をおろしたのですが、
お菓子売場をふと覗くと、凌太の好きな梅味のお菓子発見!!

UME


ひゃっほーぅ♪♪


見た目的にも凌太が好きそう♪

凌太が好きなお菓子は駿平も好きなので、2個購入!!

私もそうだったけど、「おにいちゃん」とか「おねえちゃん」て
何か絶対的な存在なんだよねー。
私もお姉ちゃんのやることなすこと全部真似してた記憶がある(*≧m≦*)

今の駿平がまさにそんな感じ♪
凌太が梅味のお菓子が好きだから、それで好きなんだよね♪

こういう障がいのある子でも、そういう基本は一緒なんだよな~、なんて

・・・スミマセン、ちょっとこれ、偏見ですねσ(^◇^;;

でも、そういう発見があるのも、障がい児を育てる楽しみ?だったりもします♪




そういえば、昔は継子達の為に、こういうイレギュラーなお菓子を買うのがイヤだったっけ(^-^;

喜ぶかな?


と思って買うけど、
それは継子が喜ぶことを期待する、というより

継子が喜ぶのを見て旦那様や姑が喜ぶ

のを期待していただけだった気がするσ(^◇^;;

いいお母さんしてる、頑張ってる

って評価して欲しかったからね。


でもそういうところから一歩♪ だよね!!
最初の目的は違くてもいいじゃん、て開き直ってる。

昔はいやらしく

「今日梅のお菓子見つけて買ってあげたら喜んだんだ」

なんていちいち旦那様に報告して
良い母親ぶりをアピールしていたけど
最近はそんな報告全然しなくなったっけ。

いつの間にか、本当に凌太や駿平が喜ぶ顔が見たくなってたぞ♪

「さすがお母さん!」

なん言われるとやっぱり素直に嬉しい♪

いつか大人になって、色々なことがわかるようになった時、
お母さんは継母なのに、俺達の為に梅味のお菓子買ってくれたな、
なんて思い出して・・・

って、いちいち思い出さないか、そんなこと!!(笑)

ま、そんなこと、恩に着せるつもりもないけど、
でもいつか、ふとした瞬間に、そういう継母の愛情を感じて
あったかい気持ちになってくれたら嬉しいな♪

継母にさえ愛されてたんだ

って、実感してもらえたら、なんだかとっても素敵じゃない♪



↓励みになるのでぽちっとお願いします♪↓

にほんブログ村 家族ブログ 再婚・ステップファミリーへ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
スポンサーサイト
| 継母・継子 | COM(6) | TB(0) |
2010-01-25 (Mon)
旦那様が泊まりの飲み会でいないので
継子達が寝たのをいいことに(笑)、パソコン立ち上げてまーす♪

正確に言うと、駿平はまだ寝ていないようで
ベッドの中で意味不明の言葉を発しているようです(^-^;

実は今日、お風呂の中でパニックになっていました(;^_^A

パニックの時の、独特の雄叫び?がお風呂の中から聞こえてきて

あちゃちゃー(><”)

って、そんな気分。

入浴中(1人で入っています)のパニックは初めてだったので

そんなこともあるんだ

って感じで。

正直ちょっとガッカリ。


まだ両隣の家は完成していないので、とりあえずご近所さまを気にすることは
今はないのでいいんだけど、これから次々と家が建って入居してきたら
やっぱりご近所さんにご迷惑かけやしないかと
心配してしまいました(><”)


でもまぁなんとか上手におつきあいさせてもらって
駿平のことも理解してもらえたら・・・と思っています♪


駿平は、お手伝いもよくしてくれるし、
何より純粋だし、普通の人が考えつかないような突拍子もないことをやっては
いつも私達を笑わせてくれます。
だから一緒に暮らしていて楽しいんだけど、
やっぱり障害があるというのは大変な面は大変なわけで・・・・。

色々考えるときりがないんだけど。
でもまぁ1つ1つ乗り越えて行けるよう頑張ります♪

継子達と一緒に暮らす前は、正直駿平のことは厄介な存在だと思っていました。
ご近所に迷惑かけたりして、私、駿平のために頭下げるのイヤだわー、とか。
「私が産んだ子じゃないので」
とさりげなくいちいち言い回ろうかしら?なんていじわるなことも考えてみたり。(こわっ)


でも一緒に暮らしてみたら、何かすごく頑張ってくれる駿平がかわいくてかわいくて。

そりゃ最初の頃はキーッ!となったこともありましたが(;^_^A

でも「私が産んだ子じゃないので」は結局一度も言ってないかな(*≧m≦*)

最近は、私が産んだとか産んでないとかいちいち考えなくなりました。
産んでいなくても5年近く一緒に暮らしていたら「私の子」なわけで。
時々産んでいないことを忘れていますσ(^◇^;;


継子達は、私のような人間には、必要な存在だと思います♪
継子達のおかげで沢山の大切なことに気づかされましたから(⌒▽⌒)
人間として、沢山欠けている部分があった私。
いや、今もきっと沢山欠けていますが(><”)

でも、継子達のおかげで、気づけたこと、取り戻せたことが
沢山あります。


うん、継子達は神様が私に与えてくれた人生の宿題なのかもしれません。

おかげで大事なものを沢山学べました。

両親に心から感謝することが出来たのも彼らのおかげ。

両親が生きているうちに気づかせてもらえたのは
本当に良かった。


そうそう!夜になっても凌太はしつこいくらい

「お父さんがいない。ラッキー!!」

と騒いでいました。

「えー、でも4年生の頃、『お父さんが○○に転勤してくれて良かった。
△△にいた時はなかなか会えなかったから寂しくて」って言ってたじゃん」


と言ったら


「嘘だ!言っていない!」

と言い張るので

「言ってたよー。あんなこと言う可愛い少年・凌太君は
もういないのねー」


と言ったら

「うん、いないいない。すっかりいない」

だそうです(*≧m≦*)

お父さん元気でずーっと留守がいい

って感じなのかな?


そんなわけで、土日は昼間遊びに行ったら家ではゲームをしないことになっているのに

「今日はお父さんがいないからお母さんルールが適用される。
お父さんよりはちょっと緩いからラッキー」


とかぶつぶつ言って、勝手にゲームをやっていましたε=(・o・*)

ちょっとだけ優しい私ルールがあるそうです。

しらねーよっ!コラッ!!

でもまぁたまには緩いのもいいのかなー?!

↓皆さんの1クリックが励みになります♪↓

にほんブログ村 家族ブログ 再婚・ステップファミリーへ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

~応援よろしくお願いします♪~


| 自閉症 | COM(2) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。