12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-07-07 (Tue)
今日は朝からうだるような暑さでした@@;

そんなわけで
「プールに行きたい!」
と思った私。

駿平が学校から帰って来たので
「プール行く?」
と聞いたら
「プール行く♪」
と答えてくれたので、早速2人で行くことに♪

「お買い物行く?」

「おるすばん」
と言って行きたがらないけど、プール大好きな駿平は
プールの誘いには乗ってくれる♪

プールで着替えるより家で着ちゃった方が早いので
2人で着替えました♪

駿平のセミヌード公開?!

0707syun

ちょっとピンぼけ~(><”)

顔だけ見るとふっくらしている駿平ですが、体はこの通り華奢です(^-^;
旦那様も実ママもスリムだったし、多分駿平も凌太もメタボには
縁遠いんだろうなー。・・・羨ましい(笑)

ちなみにこんなに細いのに、凌太や旦那様には
「駿平はデブ!」
と言われています(^-^;
これでも標準以下の「痩せ気味」なんですけどー(;^_^A

で、車で中田温水プールへ♪

市営とはいえ、普通に入ったら大人は500円だし中学生の駿平も200円。
でも駿平の療育手帳があるので2人ともタダ!!

ありがたいね~♪
で、こういう福祉サービスはバシバシ活用しなくちゃね♪

ちなみに何故この市民プールかというと、
もちろん家から比較的近いというのもあるけれど、
障害者用更衣室があるので利用しています。
男の子だし、やっぱりこれって大事(><”)
小学生くらいの時までは
「スミマセン、障害のある子なので1人で着替えられなくて
入れてもいいですか?」
と一旦断ってから女子更衣室で着替えさせていたんだけど、
同い年くらいの女の子がいる時はやっぱり申し訳ないし、
プールの途中でトイレに行きたくなると、「利用した更衣室」ということで
女子更衣室に入ろうとしちゃうんです(;^_^A
慌てて男子更衣室に行くよう促しましたが(><”)
1人で出来るか不安で、私も男子更衣室の前でずっと出てくるのを待ったりして。
それから終わった後の着替えもいちいち女子更衣室の中にいる皆さんに
確認してからでないと無理だったし、駿平が着替えている時に
後から入ってきた人は当然びっくりしちゃうわけで・・・・。
それで障害者用の更衣室のある所限定、そうでなければ
旦那様も一緒に行かないと、ということに。
ま、そんなわけで2人でふらっと来るにはやっぱりこのプールかな♪

で、1時間くらい楽しんで、帰ることに♪
更衣室を先に出た駿平が、受付の係の方に
「プールたのしかったぁー」
とつぶやいていて、笑ってしまいました(* ̄m ̄)
その方が
「楽しかった?」
と聞いてくれたのかもしれません。
受付の時もとても優しく応対してくれた方です。
会話とまではいかないかもしれないけど、
私にしたら家族や学校の先生以外とも会話した、と思うと
そんなことすら「成長」と思えてしまいます♪

それから自販機を気にしていたので
「何か飲む?」
と聞くと
「飲む」
と。

で、いつものようにオロナミンCを飲もうとしたら、
何度押しても出てこない!!
「売切」という文字は理解できないようだ@@;

「あー、売り切れだって。残念。他のにするしかないね。」
と言って他のジュースに変えるよう言うと、黙って他のを押していました♪
こういうのも、以前ならパニックの原因だったのですが、
最近では
「ダメなんだ、ふーん。あっそ」
って感じで切り替えることが出来るようになりました♪

ホント、日々成長している駿平君です♪

そうそう、今日は結婚記念日です!
ちなみに6周年!
「まだ6年?」
て感じです。
やっぱり子供が大きいと、自分では育てていないのに(笑)「もう15歳か~」
なんて言っているうちに、まるで自分がここまで育てたような錯覚に陥るせいかしら?(* ̄m ̄)
ま、でも結婚して、継子達とは別居してて、転勤による引っ越しも2回あったし、
それから継子達を引き取って・・・と、わりと人生の節目が
ぽんぽんあった6年間だったしなー(笑)

でもこの結婚を、この道を選んで正解だったと思っています。

旦那様、そして子供達、これからもよろしくね♪

↓励みになるのでぽちっとお願いします♪↓

にほんブログ村 家族ブログ 再婚・ステップファミリーへ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ



スポンサーサイト
| 自閉症 | COM(4) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。