12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-10-04 (Sun)
昨日楽天イーグルス
クライマックスシリーズ進出を決めました

残業(土曜日なのに・・・)で23時半頃のJRで帰ってきた旦那様曰く、
そんな時間まで楽天の応援団?の人達が仙台駅に沢山いて
盛り上がっていたそうです

めでたいねーめでたいねー

試合を生放送で観ていた私は選手達の赤くなった目を見てウルッときちゃいました



でもっ!!!


一夜明けて、なーんか全然っ
盛り上がってないんですけどぉーっっ

結局CS進出お祝いセールをやるのはイオン系だけみたいだしっ
それって全国一斉?!
Kスタに広告出してる地元スーパーとか、なーんにもお祝いセールしないみたいっ

なんか寂しいぞーっっ


そうそう、昨日日記を書いた後、なんとなんとっ!
姑から電話が来ましたっっ!!!!


こわっっ!!

もしかしてブログ読んでるぅー?

と聞きたくなったけど、ま、ネットはやらない(できない)人なので
大丈夫かな?と思いつつ、後ろめたさでずっとドキドキしちゃいました


内容は、まず、今住んでいる家のことで色々と。

「どうせここは誰も住まなくなるし。
△△(義弟)だって住まないだろうから」


って何度も言う。

しつこーい!

もしかして我が家に来る気満々?!

そういえば家を建てると報告したとき

「良かったわね。あ、△△(義弟)
■■の家をとることになったから」


って言われたっけ・・・。

■■の家とは、姑の実家で、
今は姑の弟さん夫婦が住んでいるんだけど、
そのご夫婦には子供がいなくて。
で、義弟は
「家あげるから、墓守とか、色々全部よろしく」
と最近正式に?頼まれたらしい。
もちろん老後のこともちょっとはよろしく、という意味も含まれているだろうし。



・・・・ちょっと待って?

義弟が姑の実家を継ぐ?ということは・・・・この家は??

常々
「ここは田舎で葬式をやるとなると一週間がかりだし
そんなんじゃ遺族に申し訳ないから
私はここでは死にたくない」


と念仏のように唱えている姑。


ここでなきゃどこで死ぬ気だろう?

やっぱり老後は私達家に来る気満々なんだろうか?!


お葬式1週間がかりでも10日がかりでも
私頑張りますからぁ~、
どうぞ最期まで住み慣れたお家で生活してくださーい


と言ってやりたいっ


実際問題、旦那様も単身赴任になるわけだし、
この家で継子達だけならいいけれど、
姑の面倒までみたくないぞ!


・・・とまぁとりあえずその話は置いておいて。


電話の内容はもう1つ。

家を建てると市からお祝いに記念樹をもらえる話を以前姑にも
したんだけど、

「ドウダンツツジなら家にもあるから、
今度来たとき持っていくといいわ」


とのこと。

何でも駿平が小学校に通っていた頃、
よく教室の窓から覗いていた校庭に生えていたドウダンツツジの
枝だか根っこだかが落ちていて、それを拾って来たらしく、
庭に植えたらちゃんと根づいた、という木らしい。

「駿平にゆかりのある木だから」

と言うけど、本人(駿平)だって覚えている訳ではないだろうし、
それは姑の中の良き思い出として、自分の庭で眺めていたらいいのに~。

それに堂々ともらった木というより、なんだかくすねて来た木のようだし。
で、

「市から3本ももらえるので、これ以上はいりません」

ときっぱり断りましたわ。

昔の私なら断れなかったけど。

「ありがとうございます。それは楽しみ」

くらい言っちゃっただろうけど

最近は結構はっきり言っちゃいます。

そういえばこの前家に来たとき、子供達のタンスは1つしかなかったから
1つリサイクルショップで安く買った、と言ったら

「タンスならうちにもあったのに」

とか言われたっけ。


「それならうちにもあったのに」

は姑の口癖。
もう何でもかんでもまずは姑の家にあるかどうか確認してから買わないと
うるさい人なので困ります。


結婚したばかりの頃、古いマンションで脱衣所のドアがなく、

「カーテンかなにかつけないと~」

とつぶやいたら、パチンと両手を叩いて

「いいのがあるっ」

と言い出し、どこかから古~いカーテンを持ってきて。

「これは○○(旦那様)が小学6年生の頃買ったカーテンで
すごく高くて良い生地なの」


と・・・・。

ええ、何か確かに高そうですわ。
でもたとえるなら古~い学校の体育館の、緞帳にでもなっていそうな、
そんな渋~い金糸の刺繍が施されたカーテン。
さすが20年以上前の代物!!
見るからに重そう。
そして古いので黄ばんでいるのも一瞬でわかる。
お風呂の入口となる脱衣所の入口には
どうみてもふさわしくない。
いやいや、今時こんなカーテン、どんな家のどんな場所にも
合いませんてっ

「い、いえ、サイズとかもありますし、
またちょっと確認してから・・・」


と言っても

「いいからいいから、あげるから。持って行きなさい。」

としつこいしつこい。

こんなばっちいの、脱衣所の入口になんておきたくなーい!!

・・・とも言えず、よく覚えていないけど、旦那様も一緒に断ってくれて
渋々引っ込めたけど。

で、結局1M398円くらいの安いけどかわいい布を買ってきて
100金でカーテンレールに取り付ける金具も買って来て自分でつけました。

後日一応報告すると・・・

「あらよかったわね」

と言ってくれるのかと思いきや、

「そんな金具ならうちにいっばいあったのにっ!」

とご立腹。
しばらく機嫌も直らないまま・・・

そんなこともあって、なるべく
「○○がない」「△△を買わなくちゃ」
は姑の前では言わないようにしているんだけど、
時々こうやってむこうから見つけて提案してくるんだよねぇ。

余談ですが、その後姑の家で廊下のカーテンを新調してました。
○○(旦那様)が小学6年生の頃買ったすごく高くて良い生地のカーテンではなく
新品のカーテンを・・・・

あれれぇ???(笑)



・・・と、姑の話になると止まらない私

悪い人ではないんだけどねぇ。

でも一緒には絶対住めません


↓皆さんの1クリックが励みになります♪↓

にほんブログ村 家族ブログ 再婚・ステップファミリーへ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

~応援よろしくお願いします♪~
スポンサーサイト
| 継母・継子 | COM(6) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。