12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-01-27 (Wed)
そういえば、継子達は私のこと、最初から

「お母さん」

と呼んでいたなー、とふと思い出しました。



結婚前に継子達に会ったのは一度だけ

今思えば一発勝負でかなり危険だったよな~、と

でも継子達とは静岡と岩手で離れていたので、
結婚のあいさつに行く時に会うしかなかったんです
結婚しようと決めて、実際結婚するまで4ヶ月しかなかったし
旦那様も当時は子供達を岩手のおばあちゃん宅に預けて
仕事で新潟にいましたから。
なかなか4人で会える時なんてないわけで。
それに時間が作れたら、なるべく彼と2人で会いたいというのが女心
わざわざ岩手で集結してデートするよりは
新潟に行って2人で会いたかったので、結局継子達とは一度きり。


ちなみに凌太が幼稚園の年長さんくらいまでに、
何度か会ったことあるんですよ
同じ職場でしたから
だから初対面ではなかったんです

もちろんその頃は実ママがいて、花火大会があると会社の屋上で
ご家族で見に来ていました。

幸せそうな一家だと思っていたのにな。
わからないものですね。なーんて。


ちなみに小学4年生になって再会した凌太は、
私とは初対面だと思っていたみたい

ま、子供の記憶なんてそんなものですね

そうそう、夏祭りで、実ママに連れられて事務所に入ってきた凌太。
ちなみに他の奥さん達は遠慮がちに事務所の入口で待機して、
こっちが

「どうぞ、遠慮なく入ってきてください」

と言ってから

「スミマセン」

なんて言って、入って来ていましたが、
実ママだけはちゃっちゃと勝手に入ってきていましたね~

あんたは社員かっ!!

って感じ?

ああいうところからして、実ママはちょっと常識がなかった気がします

で、当時幼稚園児だった凌太に、机の中からストックしてあったお菓子をあげたら

「ありがとう!!」

なんて元気いっぱいにお礼言ってくれたっけ。
ふふふ。懐かしい。

まさかあの時は、この子が自分のことお母さんて呼ぶようになる、なんて
もちろん想像もしてなかったっけ。
人生ってホント、わからないものだわ~

ちなみにその時の駿平は、私の記憶にあんまりないんですよね
多分実ママにひっついていたんだと思います。
いつも子供は2人いましたから(笑)
で、確かお菓子は
「2人で食べてね」
って感じで、代表して凌太に渡したと思いますが・・・。
駿平の障害とか、その時は気づかなかった私。


話はそれましたが、当時は当然凌太も「ママ」「パパ」って呼んでいました。

結婚の挨拶にいった時も

「パパ」

と旦那様のことを呼んでいたので、

結婚したら私はママかしら?
っていうか、ちゃんと呼んでくれるのかしら?
いやでも、何かママとかいきなり呼ばれるのも照れくさいな~。


なんて、色々考えていたのですが、
結婚してすぐに継子達に会いに行く前日、
凌太から電話があって旦那様が取りました。
で、旦那様が話を終えた後、

「はい、お母さんに替わって、だって♪」


と嬉しそうに受話器を渡すのでびっくり!!

ひょえーっ!
結婚前に一度会っただけなのにいきなりお母さん?
っていうかママじゃなくてお母さん、なのね。あははーっ!


って、何かそんなことごちゃごちゃ考えた記憶が(*≧m≦*)

いきなりママも恥ずかしいけど
まだ33歳だった私は、いきなりお母さんもちょっとガッカリしちゃったっけ。

でもだからってママも照れくさいし、やっぱりお母さんが妥当!?

なんて、とにかく最初から「お母さん」だったので
うれしさとショックと戸惑いと・・・うーん、まぁもちろん
最初に呼んでしまえばそれから楽だからいいんでしょうけど、
何とも言えない複雑な気持ちはありました(*≧m≦*)
旦那様は「お母さん」とすぐに呼んだことが
とても嬉しかったみたいで、ニヤニヤしながら受話器を渡して来ましたが
私はそこまで嬉しい訳じゃないんだけどなー、とか
早くもいじわるな継母根性出現?!(笑)・・・何かそんな感じでしたねー
ちなみに、その電話の翌日、結婚後初めて継子達に会いに2人で行ったら
旦那様のことも

「お父さん」

に変わっていました(*≧m≦*)

ちょっと不慣れで呼びにくそうでしたが(笑)

まぁでも当時小学校4年生だった凌太。

ママ・パパ→お母さん・お父さん 

に切り替えるのには、ちょうどいい時期!?なんて思いましたが♪

で、姑とそんな話をしたら、

「駿平がね、学校で、お父さん、お母さん、て教わってるの。
だから凌太ももうお父さん、お母さんで統一させようと思って」


なんて言っていましたが、
多分実ママと私をきちんと区別させよう、とか
パパ→お父さん も、私という新しい母親が来たことで
ちょっとした気持ちのリセットをさせよう、という姑の配慮だったのかなー、
なんて思いました。

駿平は「おかあさんだよ」と言われたらそのまま
「おかあさん」
と言う子なので、まぁそのまま自然に「お母さん」になりましたが。


そういえぱおかあさんといっしょが未だに大好きな駿平(笑)

ママもおかあさんもいなかった時期は
どんな気持ちで観ていたんだろう?

・・・うーん、何も考えていなかった かも?!
ふふふ。
どうだったんだろうね?

↓皆さんの1クリックが励みになります♪↓

にほんブログ村 家族ブログ 再婚・ステップファミリーへ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

~応援よろしくお願いします♪~
スポンサーサイト
| 継母・継子 | COM(6) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。