12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-02-10 (Wed)
姑から電話がありました。

一応用件はあったようですが、多分電話する口実?って感じの用件で(*≧m≦*)
ま、義弟も独り暮らししてしまい、今独り暮らしだしお寂しいのでしょう。
相変わらず自慢話が多かったのですが、まぁそのヘンは適当に流して(笑)
お正月に継子達と過ごした日々の中での話とか、結構色々な話をしました。

そんな中で1つ。


「駿平に『お父さんの名前は?』と聞いたら『るる』と答えた」

とのこと!!


まだ私達が継子達を引き取る前、姑と暮らしている時だから
かれこれ4年以上前に、お父さんの名前とお母さんの名前を言わせる特訓?を
したんだけど、何年かぶりにその質問をしてみたら

「るる」

しか言わなかったと!


「特訓したことをそれなりに覚えているのはすごかったけど、
結局お父さんと聞かれても、咄嗟に出るのは自分に近い存在のるるちゃんの
名前なんだな~、と思って」


なんて話♪

ふふふ。何かうれしい♪
駿平が私の名前を呼んでくれたことも、
姑にそう認めてもらえたことも。



で、旦那様にその話をして、

「試しに聞いてみよう」
って話になって、

「駿平、お父さんの名前は?」

と2人で聞くと、やはり

「るる」
と答えるではないの♪

イエーイ♪

まぁでも旦那様も気の毒だし(笑)、一応エチケット(笑)としてちゃんと正しく教えなきゃ、と思い、

「違うよ。お父さんの名前は○○。」

と教えると、今度は聞かれたらちゃんと

「○○!」

と答えた♪


「じゃ、お母さんの名前は?」

と再び聞くと


「○○!」



・・・・ちがーうっ!!(笑)

頭の中、ごっちゃになっているらしい(*≧m≦*)

まぁでも○○と連呼してもらって旦那様は嬉しそうだったけど♪

ちなみに私の名前と旦那様の名前、ちょっと似ています。
最初の1文字が同じなので。

そんなわけで、駿平にはちょっと難しかったようで、
途中から

「○るる○」

みたいな、どっちを聞いても2人の名前を合算したような名前になったりもして、
それでもようやく


「お父さんの名前は」
「○○」
「お母さんの名前は」
「るる」


と言えるようになりました♪


それで、

「じゃ、お兄ちゃんの名前は?」

と聞くと、


「・・・・」

駿平、わかりません(*≧m≦*)
凌太のことは
「凌太」
とちゃっかり呼び捨てにしているし、
実家にいた頃はお兄ちゃん=独身の義兄(38歳)のことだったので
凌太のことは兄という位置づけではないようです!


そこで大人げない私達夫婦は楽しいことを思いついた!!(笑)



「お兄ちゃんの名前は?と聞かれたら『ワカラナイ』と答えるんだよ!」
と言うと、嬉しそうに

「ワカラナイ」

と答えるように(*≧m≦*)

くくくっ!これで凌太が来たとき

「お父さんの名前は」
「○○」
「お母さんの名前は」
「るる」
「お兄ちゃんの名前は」
「ワカラナイ」


と言わせてやろう、と!!!(笑)


スミマセン、ホント、いつもこんななんです、私達夫婦(^-^;
よく凌太はグレずに生きているな~、と感心してしまいますが、
凌太もこのノリにはすっかり慣れているので大丈夫なんです(笑)

で、私達夫婦と駿平の特訓が始まった!

駿平はいじってもらえるので特訓といっても終始ケタケタ笑って
ゴキゲンです♪

でも何度も質問と答えを繰り返すうちに、また調子を崩し


「お父さんの名前は」
「るる」
「お母さんの名前は」
「ワカラナイ」
「お兄ちゃんの名前は」
「○○」


などと、ごっちゃになってしまい、結局凌太の前で試すのは断念!

だって


「お母さんの名前は」
「ワカラナイ」


なんて言われたら凌太にむっちゃ笑われちゃうし!!


そんなわけで、この作戦は失敗しました(笑)

・・・スミマセン、大人げない両親でσ(^◇^;;



おまけ。

今日は旦那様が振休だったので、2人でランチしてきました(*≧m≦*)

0210LUNCH

大阪王将の餃子定食ランチ(笑)

これだけ餃子だらけだと飽きる(笑)


↓励みになるのでぽちっとお願いします♪↓

にほんブログ村 家族ブログ 再婚・ステップファミリーへ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ


スポンサーサイト
| 自閉症 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。