123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-12-28 (Sun)
一昨日凌太が
「お母さんはコレ、許してくれるかなぁ」
と言いながら一枚の紙を差し出してきた。

それはゲームソフト売却承諾書とかなんとか。
要は要らなくなったゲームソフトを売りたい、と。

「はぁ?!で、その売ったお金をお小遣いにするの?」
と聞くと
「そう」
と答えたので
「それは反対。もしそうしたいのであればお父さんにお願いして。
あなたの持っているゲームソフトは全部おとうさんが働いたお金で買ってるんだから」
と言ったら
「おとうさん?!何で?!」
とかなんとか言ってそれから何も言わなくなった。
さすがにおとうさんに話を通すのは100%怒られると思ってあきらめたらしい。


まぁでも私も頭ごなしに反対してしまったけど
旦那様の考えはどうなんだろう?と思い
その夜旦那様に聞いてみた。すると

「売ったお金を小遣いするのはとんでもないけど、新しいソフトがほしくて、でも手持ちのお小遣いでは足りないから、その新しいソフトを買う為の下取りにするならいい」
との返事。

なるほど~。

それで昨日凌太に
「おとうさんに聞いたらこう言っていたから、もし下取りってことならいいよ」
と言うと
「下取りだよ。買いたいソフトがあるんだ」
と言う。
「じゃ、何を売って何を買ったかちゃんと報告してね」
ということで判をついてやった。

承諾済みとはいえおとうさんの前で判をついてもらうのは
気まずいのか、旦那さまがいなくなった隙にコソコソ持ち出してきたのは笑えたけど(笑)

で、今朝。

「オレは今日あるものを買いに行くんだ。ね、お母さん?」

と騒いでいる。
おとうさんの手前「ソフトを買いにいく」は言えないらしい。
でもなかなか出かけない。
確かに雪がちょっと舞っていて寒い。

「お店まで結構な坂なんだよなー。ね、お母さん?」

ははーん。読めた。つまりゲームソフトのお店まで車で送迎しろ、と。

でも基本的にゲームソフトを売るという行為には賛成できない私。
今の世の中の流れだと思うし、他の子は普通にやっているのかもしれない。
親が張り切って付き添ったりしてね。
でも私はそこまでしたくない。
それに受験生だし・・・というのもある。
私立の受験まで1ヶ月ちょっとの今、新しいゲームソフトを購入すること自体
正直面白くない。

「オレ、途中で転んじゃうかもしれないね、お母さん?・・ダメ?あ、転んじゃダメ?」

もう言うことがいやらしい。

送ってほしいなら送ってほしいと頼めば少しはそういう気にもなるけれど
遠回しにお願いするこの性格、いつものことだけどちょっとむかつく。

「転ぶなら転んで結構」

冷たく言って突き放した(笑)

ごめんねー、いじわるな継母で(`ヘ´)

でも雪の中、凍ってる可能性もあるような坂道を運転するのは私だってイヤ。
ちなみに昨日からお休みの旦那様も横で聞いていたけど無視してるし(笑)

で、それからも
「あー、やだなー、こんな中出かけるの」
とかなんとかブツブツ言いながら出かけていった。

こんな中出かけたくないなら出かけなきゃいいのにね( ̄m ̄)

でも出かけていった。

そして先ほど帰ってきた。

「お帰り~」

「うん、でもまた出かけるよ」

「何で?」

「身分証明書とお金を忘れたから」



・・・・バカだよねー!
身分証だけならまだしも、お金まで忘れるとは( ̄m ̄)

で、
「あー、行き寒かった。雪結構降ってて寒かったよお母さん」

とまたまたアピール。

でも

「そう、大変だったね」

で終了~。

それでまた出かけていきましたとさ( ̄m ̄)



今日は大掃除の予定です。
今駿平にカーテンの金具(プラスチックだけど)を全部外してもらって
洗濯機にぶち込みました(* ̄m ̄)
駿平にも出来ることは手伝ってもらわないとね♪


↓励みになるのでぽちっとお願いします♪↓

にほんブログ村 家族ブログ 再婚・ステップファミリーへ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

スポンサーサイト
| 家族 | COM(2) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。